2019mis x MIURA LANCER Evolution6 Dirttrial

0
    2018年JMRC近畿ジムカーナミドル選手権においてチャンピオンを獲得した林田 直人 選手(大阪大学体育会自動車部)と共に、初めて参戦した公式戦にて新進気鋭たるアグレッシブな走りを披露し見事にデビューウィンを果たした三浦 陸 選手(大阪大学体育会自動車部)。
    JAFsportsWEB_20190108
    ↑記事を読みたい方は画像クリック↑(2018年JAF近畿ジムカーナ選手権第7戦レポート2019-01-08)

    そんな輝かしい実績を残した三浦 選手ですが、今年は、2019JMRC近畿ジムカーナミドル選手権に加え、2019JMRC近畿ダートトライアルジュニア選手権と2カテゴリに参戦することとなり、自動車部の先輩に譲っていただいた99三菱ランサーエボリューション6(CP9A)をベースとしたダートトライアル競技車両を製作いたしておりますが、実は今年、三浦選手自身の将来を決定付ける就職活動も重なっているため、弊社共々、前人未到とも思えるトリプルタイトル獲得への挑戦となります。
    mis2019xMIURA_CP9A_1
    とにかく少ない予算の中でも、できる限りの車両アドバンテージが欲しいということで、WRCやラリークロスといったグローバルダート競技でも採用できるレベルの別注ブレーキパッドを採用。サスペンションシステムについては、フロントをダブルスプリング仕様とし、リヤにはメインスプリングにMAQsスプリングを通常購入して採用したトリプルスプリング仕様として構築。しかしながらシェイクダウンとなった練習会では、リヤのメインスプリングが縮んでしまうトラブルに見舞われましたが、MAQsスプリングの総発売元 シーエルリンク株式会社MAQS事業部 様に相談したところ新品交換いただきけることとなり、断続的にうねりのある路面への対策として、ウレタン製より反発力に富んだゴム製バンプラバーを別注にて製作ました。

    せっかく製作したバンプラバーでしたが、99三菱ランサーエボリューション6(CP9A)純正のバンプラバーよりも圧倒的に短いものでしたので、急遽、再製作を依頼。
    mis2019xMIURA_bumprubber_1
    理論上では、これぐらいの長さがあれば、優れた能力を発揮してくれそうです。

    油脂類に関しましては、エンジンオイルこそautocouture(オートクチュール)を使用しますが、ギヤーオイルはJXエネルギーより市販されている純正相当の粘度となるオイルに、2月に新発売したばかりのFRSgeneをインストールして使用することになりました。
    JXTG75W90GL5_1
    実際、ギヤーオイルは化学合成だから良いわけでも、粘度指数が高ければ良いわけでもないですからね。

    初陣は3月10日。当日は、シャシーダイナミクスを検証するイメージで、ドライビングを楽しんでもらえると結果に恵まれると思います。いよいよはじまりますね〜。

    JUGEMテーマ:モータースポーツ


    1

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    categories

    OUAC220 映像祭出展動画

    アナライズ

    links

    selected entries

    archives

    profile

    書いた記事数:39 最後に更新した日:2019/04/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM