ホンダ DC&EK系ジムカーナ競技用トランスミッションOH

0
    緊急OHのためホンダDC&EK系ジムカーナ競技用トランスミッションが入庫してまいりました。

    もう壊れた!?というわけではありませんが、前回OH時に持ち込まれた中古のシンクロよりも実装されていたシンクロの方がまだマシという状態で、工期的なこともありそのまま組まざる得なかったからですね。 今回は、どうやら老朽化によりクラッチマスターシリンダーやレリーズシリンダーが擦り減ってしまい油圧関連がフルブローしたことをきっかけにトランスミッションを降ろすこととなり、「どうせならそのついでに…」というユーザーさんからの要望です。競技において安心感というのは絶対的なアドヴァンテージとなりますからね。

    今回は、トランスミッションという見えづらい処ながら、煤払い(お清め)と称して、ケースを磨いてから割ることにします。
    インテークの奥にキラリと光る、いぶし銀な感じは競技車両のディテールとして、とても大事ですからね。

    そんなトランスミッションOHよりも、BANGKING作業を行い、先日、納車させていただいたトヨタ ウィッシュの保険請求書類の作成が、部品点数が多すぎて…

    純正部品番号等も正確な記載が必要なので、事務よりジムで筋トレするぐらいの方が性に合っている私としては大変でした。


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    categories

    OUAC220 映像祭出展動画

    アナライズ

    links

    selected entries

    archives

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2018/02/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM